雑誌などの美容メディアで話題のジャムウソープは、デリケートゾーンに悩みを抱える皆さんにおすすめの洗浄料です。今回は実際に買った方々が疑問に感じている「ジャムウソープの使い方」について、高い効果が期待できる方法をご紹介します。

普通の石鹸と同じ使い方でOKです!

ジャムウソープは、普通の石鹸と同じように使える全身洗浄料です。肌に優しい天然成分で作られているため、デリケートゾーンのかゆみや敏感肌に悩む皆さんでも使いやすい存在となっています。

また使用感についても、「デリケートゾーンがサッパリした!」という口コミが多く見受けられますので、ボディーソープならではのしっとり感に不快感を覚えていた皆さんにもおすすめの洗浄料であると言えるでしょう。

泡立てネットを使うメリット!

天然成分で作られたジャムウソープには、「泡立ちが少ない」という特徴があります。ドラッグストアなどでは、素人でも簡単に濃密泡が作れる「泡立てネット」が販売されていますので、なかなか泡作れない人はぜひ活用してみてください。

濃密泡で陰部を洗うと、「指とデリケートゾーンに生じる摩擦」を抑えることができます。

また濃密泡は角質に優しく吸着してくれますので、「デリケートゾーンの臭いや汚れがなかなか落ちない」という状況に悩む皆さんでも、綺麗に陰部が洗えることでしょう。

臭いが黒ずみが酷い時には集中泡パックにチャレンジしてみましょう!

ジャムウソープを使った「3分間の泡パック」は、デリケートゾーンの臭いや黒ずみが気になる人におすすめの使用法です。泡立てネットを活用すれば、濃密泡をデリケートゾーンに乗せることができますので、ケミカルピーリング感覚でチャレンジしてみてください。

泡パックをした後の肌は角質が剥がれやすくなるため、デリケートゾーン周辺に残りがちな「雑菌のエサ」も減少します。

ジャムウソープの使用頻度はどのぐらいが理想ですか?

普通のジャムウソープは、毎日使えます。これに対して膣にタンポンのように挿入する「スティックタイプ」は、3日~1週間に1回の使用が推奨となっていますので、注意をしてください。

ジャムウソープを使った後のケアはどうすれば良いのでしょうか?

ジャムウソープを使った後は、「タオルを使ってデリケートゾーン周辺の水分を綺麗に拭くこと」だけとなります。シャワー後のケアを怠ると、ショーツの中に「高温多湿の環境」を作ることになってしまいますので、必ず「綺麗なタオルで拭くこと」を心掛けるようにしてください。

またジャムウソープを使って洗顔をした場合は、化粧水を使った保湿ケアが必要となります。

ジャムウソープを使い終わったら「水」で洗い流して!

天然成分で作られているジャムウソープは、お湯によって非常に溶けやすい特徴を持つ石鹸です。体を洗浄したままの状態で放置すると、「どんどん溶けてしまう」という結果に繋がりますので、バスタイムの最後に必ず「冷水」をかけて石鹸の状態をキープすることが必要となります。

また石鹸を冷水で洗ってあげることで、「ソープに雑菌や臭いを消す」という作用も得られますので、衛生環境を保つためにも「ジャムウソープのケア」にも気を遣ってあげてください。

まとめ

デリケートゾーンのケアに効果的なジャムウソープは、意外と簡単に使える存在と言えそうです。またジャムウソープはデリケートゾーンから顔まで使える全身洗浄料となっているため、石鹸の使い分けを面倒と感じる皆さんでも気軽に使えるアイテムと言えるでしょう。

ジャムウソープで肌の不調が悪化したり、かゆみが酷くなった場合は、無理に使用を継続せずに、皮膚科の先生に相談をするようにしてください。