汗やおりものなどによって蒸れるデリケートゾーンは、臭いがこもりやすいパーツです。今回は「デリケートゾーンの汗と臭いは関係しているのか?」という角度から、アポクリン腺や毎日のケアについてお話をしていきます。

デリケートゾーンにあるアポクリン腺って何?

デリケートゾーンの周辺には、アポクリン腺という汗腺があります。アポクリン腺から出る汗には、雑菌のエサとなるタンパク質やアンモニア、脂質などが含まれているため、デリケートゾーンの臭いの原因になりやすい存在となっています。

またアポクリン腺はワキ下や乳首周辺にも存在しているため、「ワキガの臭いが酷い人は、デリケートゾーンの臭いも強い」ということも、納得できるメカニズムであると言えるでしょう。

デリケートゾーン周辺に漂う強い臭いは、ワキガの親戚となる「すそわきが」であることも多いため、あまりにも症状が酷い時には洗浄方法や毎日のケアなどを見直すようにしてください。

アポクリン腺は「臭いを出す」のが目的って本当?

アポクリン腺から出る汗は、異性へのセックスアピールという目的があるとされています。分泌した時にはほぼ無臭の汗が、さまざまな雑菌と一緒になって「臭い」を漂わせるのは、生物学的な意味があるようです。

あまりにも強い臭いは「パートナーに嫌われる理由」となってしまいますが、「フェロモンに繋がる汗」と考えればストレスも軽減することでしょう。

デリケートゾーンに溜まった恥垢が臭いを発することもある!

デリケートゾーンに溜まった恥垢(老廃物や分泌物)は、雑菌のエサになり、結果的に臭いを発する原因に繋がります。また生理や性交渉の後は、膣からの分泌物が増える傾向がありますので、デリケートゾーンの臭いが気になる人は、陰部をなるべく衛生的に保つようにしてください。

トイレに行ったらウォシュレットを使ってみて!

陰部周辺の蒸れた感覚や臭いが気になる人は、ウォシュレットの「ビデ機能」を使ってデリケートゾーンを洗い流してください。トイレに行く度に「デリケートゾーンを洗う」という習慣を付ければ、残尿によるアンモニア臭も漂いにくくなります。

また蒸れによる炎症やかぶれも防ぐことができますので、感染症などを防ぐためにもウォシュレットを活用すると良いでしょう。

湿った下着が不快でたまりません!

デリケートゾーンから出てくる汗によって下着が湿ってしまう人は、生理用品コーナーで販売されている「おりものシート」を使ってみてください。おりものシートは、残尿や汗、おりものなどによるショーツの汚れを防ぐアイテムです。

薄型に作られているおりものシートは、生理用ナプキン特有の「ゴワゴワ感」も全く感じることのない製品となっています。

また最近発売されたおりものシートは、消臭デオドラント用なども販売されていますので、「デリケートゾーンを消臭する目的」で使っても良いでしょう。

頻繁におりものシートやナプキンを変える習慣を!

おりものシートは、「下着をなかなか変えられない旅行用」としての用途もあるアイテムです。下着に付着した汗の臭いは、自分自身の不快感にも繋がる存在となりますが、「おりものシートに分泌物と臭いを吸わせる」という習慣を付ければ、雑菌の繁殖しにくい環境が作られていくことでしょう。

女性のデリケートゾーンは生理中にも臭いを放ちやすい傾向がありますが、頻繁に行う生理ナプキンの交換と共に経血と汗を除去すれば、普段よりも悪臭が落ち着きます。

まとめ

アポクリン腺という汗腺が集中しているデリケートゾーンは、かなりの高確率で臭いを発するメカニズムになっていると言えそうです。近年ではデリケートゾーン用の石鹸なども発売されていますので、おりものシートと併せて活用してみてください。