通気性の悪いデリケートゾーンは、臭いの原因だらけのパーツと位置づけられています。

今回は「なぜデリケートゾーンが臭うのか?」という疑問の答えを中心に詳しく解説しますので、デイリーケアの参考にしてみてください。

デリケートゾーンは「菌のエサ」の宝庫です!

膣から出てくる織物(オリモノ)や、汗、尿、トイレットペーパーのカスなどが付着しているデリケートゾーンは、雑菌のエサが豊富なパーツとなっています。

またアンダーヘアに込まれたデリケートゾーンは構造上「蒸れやすい特性」があるため、雑菌の繁殖に適した栄養分と高温多湿の環境がダブルで揃った状態となっているのです。

汗をかかない真冬であっても、デリケートゾーンの周辺はショーツやガードル、パンツなどによって「1年中高温多湿である」と言えますので、他のパーツとは異なる特性があることを知り、毎日のケアをきちんとすべきと言えるでしょう。

デリケートゾーンには「雑菌が好む汗腺」があります!

陰部にある「アポクリン腺」という汗腺から生じる汗は、「コリネバクテリウム」という菌の繁殖に適した成分となっています。

アポクリン腺から出る汗自体は「無臭」ですが、既に存在する雑菌やおりものと混ざることで特有の臭いを発するようになりますので、デリケートゾーンの蒸れに気付いたら、早めのケアを考えた方が良さそうです。

またデリケートゾーンは生理の経血によっても独特の臭いを発するようになりますので、月経中も「悪臭に気を付けるべき期間」と位置付けて良いでしょう。

男性から菌が移ることもある!

女性のデリケートゾーンの臭いは、性交渉の際に「男性からバクテリアをもらう」という形で悪化するケースも非常に多いとされています。

また性交渉の後は、膣周辺の恥垢も増える傾向がありますので、臭いの原因を残さないためにも「シャワーやビデを使って洗う習慣」を付けるべきと言えるでしょう。

性交渉を通して「性感染症になる女性」も非常に多いため、自分が信用できるパートナーを選ぶことも重要です。

生理前後の臭いはプロゲステロンによる影響も大!

生理前後の女性は、プロゲステロンの働きによっておりものや皮脂分泌が急増します。この時期になると普段よりも下着の汚れも酷くなるため、デリケートゾーンが蒸れて雑菌が繁殖しやすくなってしまうのです。

特にプロゲステロンが大量分泌している女性は「デリケートゾーンの臭い」も強い傾向がありますので、ホルモンバランスを整えることもニオイ対策として重要であると言えるでしょう。

「すそわきが」という症状もある!

デリケートゾーンから生じている臭いが酷い場合は、「すそわきが」という状態かもしれません。すそわきがの人は、脇周辺に生じる「ワキガ」も併発している傾向が高いようです。

また女性の中には「性的な興奮によって陰部の汗が増える人」もいますので、この場合は性交渉中のすそわきがも酷くなると考えて良いでしょう。

パートナーが不快になるほどの臭いを発している場合は、陰部専用ソープの使用や食生活の改善などの策を講じるべきです。

病気が原因で臭いが出ていることもある!

以前と比べて臭いやおりものの量が急増した場合は、子宮や膣などの婦人科系疾患を疑った方が良さそうです。

デリケートゾーンの悪臭は、子宮内膜症や子宮頸がん、細菌性膣炎、淋病などで生じることもあるため、「普段と違う臭い」を感じた時には、なるべく早く婦人科専門医に相談をしてみてください。

まとめ

臭いの原因が豊富なデリケートゾーンは、毎日のケアを通して「清潔に保つべきパーツ」と言えそうです。またデリケートゾーンはその名の通り「性感染症にかかりやすいデリケートな部位」となりますので、性交渉後のケアなどもしっかり行うようにしてください。